健康保険の種類について【健康保険と国民健康保険】

スポンサーリンク

トップ

健康保険にはサラリーマンなど従業員用の保険である「健康保険」と、それ以外の方が加入する「国民健康保険」があります。

ただ名前が違うだけではなく特徴がありますので、今回の記事ではそれぞれの制度について分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

健康保険とは

「健康保険」とは、従業員本人とその扶養者(配偶者や子供)の、業務外での病気やケガに対して給付を行う制度のこと。

※業務内のケガなどは労災保険での給付となる

関連 労災保険について【保険料・手続き・療養補償給付・休業補償給付など】

健康保険の運営主体

全国健康保険協会が運営する「協会けんぽ」と、企業などが運営する「組合健保」があります。

協会けんぽ(協会管掌健康保険)

中小企業で働く従業員やその家族が加入する健康保険。

参考 全国健康保険協会

組合健保(組合管掌健康保険)

常時700人以上を雇用している企業や、同じ業種の企業が集まって3,000人以上の従業員がいる場合に設立でき、業種にあった健康保険を運営することができる。

支払う保険料について

「協会けんぽ」の場合は、事業主(企業)と被保険者(従業員)が折半(半分ずつ)する。

「組合健保」の場合は規約で保険料が決められていますが、多くの場合は「協会けんぽ」と同じく折半。

医療費の負担について

原則3割を自己負担し、7割は運営主体が負担します。

病院の窓口で3,000円支払ったのであれば、健康保険の加入がなければ1万円かかっているということですね。

また、同じ月に自己負担した金額が高額になった場合、一定額以上の金額を負担してくれる「高額療養費制度」という制度もあります。

自身の年収によって負担する上限金額が変わったり、入院中の食事代や差額ベッド代は対象にならないなど条件がありますので、詳細は厚生労働省のHPをご確認ください。

参考 高額療養費制度を利用される皆さまへ/ 厚生労働省

もう1点、こちらは「健康保険」の特徴として、業務外の病気やケガで出勤できなくなり給料を受け取れない場合、連続して4日以上休んだ4日目からは、手当金が支給される「傷病手当金」があります。

参考 病気やケガで会社を休んだとき/ 全国健康保険協会

国民健康保険とは

「国民健康保険」とは自営業の方など、「健康保険」に加入する従業員とその扶養家族以外の人が加入する保険制度のこと。

「国民健康保険」では配偶者や子供を扶養に入れることができないので、家族全員分の国民健康保険料を支払う必要があります。

働いていない奥さんや、小さいお子さんにも支払いの義務があるということです。

国民健康保険の運営主体

主に○○市や、○○区などの市区町村が運営主体ですが、「国民健康保険組合」というものもあります。

国民健康保険組合

「組合健保」が同じ業種の企業が集まって運営する「健康保険」だったのに対して、こちらは同じ業種が集まって「国民健康保険」を運営する組合。

参考 国保組合とは(健保との違い・メリット)/全国土木建築国民健康保険組合

支払う保険料について

前年の所得や固定資産税などによって、翌年に支払う保険料が変わります。(各市町村によって計算方法は異なる)

会社を辞めて「国民健康保険」に加入すると保険料の高さにびっくりしますが、その理由は「健康保険」が企業と従業員で保険料を折半していたから。

会社が半分出してくれていたありがたみを知るのは退職してからです…

また配偶者や子供の保険料も払うことになるので、家庭がある方はもっと大変になります。

僕も自営業になって2年以上が経ちましたが、健康保険料の支払いに毎月泣かされてますので、社会の制度的にはサラリーマンって優遇されてますよホント。

医療費の負担について

自己負担額は「健康保険」と同じ3割負担ですが、「国民健康保険」では業務外だけではなく、業務上の病気やケガでも対象になります

また、「高額療養費制度」はありますが、「傷病手当金」はありませんので、自営業の方が病気やケガで働けなくなったとしても、休んでいる間の生活費の保証などはありません。

自営業なんだから当たり前の話なんですが、保障という点では「健康保険」には劣りますね…

まとめ

「健康保険」と「国民健康保険」の違いを解説してきましたが、退職後であっても「健康保険」に加入できる「任意継続被保険者制度」という制度もあります。

ただ、それまでの「健康保険」とは違う部分もありますので、詳しくは次回の記事でご説明していきますね!

⇒ 【退職後の健康保険】任意継続か国民健康保険へ加入かの判断基準

スポンサーリンク
FC・大
FC・大

シェアしていただけると励みになります