労災保険について【保険料・手続き・療養補償給付・休業補償給付など】

スポンサーリンク

トップ

労災っていう名前は聞いたことがあっても、保険料や保障の内容までは分からないという方もいらっしゃると思います。

そこで今回は「労災保険」についてご説明していきます!

スポンサーリンク

労災保険【労働者災害補償保険】とは?

「労災保険」は通勤中や、仕事中でのケガや病気、それに伴う障害などについて治療費やその後の生活の保障が行われる制度のことです。

「健康保険」は業務外での病気やケガを保障するものでしたので、こちらは業務中を対象にしたものになります。

また、「国民健康保険」は業務中でのケガや病気にも対応していますので、労災保険の対象にはなりません。

関連 健康保険の種類について【健康保険と国民健康保険】

労災保険の対象となる被保険者と保険料について

「労災保険」はパートやアルバイトを含む全ての労働者が対象で、会社(事業所)は1人でも人を雇えば労災保険に加入させる義務があります。

また、保険料は全額会社側の負担となりますので、従業員の給料から引かれるということは一切ありません。

会社が支払う保険料の額は、業種により異なります。(仕事中のケガなどの危険性が異なるため)

労災保険で支払われる主な給付

療養補償給付

病院の費用を負担してくれるということですね。

全国にある労災病院で受診すれば、無料で治療が受けられます。

参考 労災病院/労働者健康福祉機構

また労災病院以外の病院であれば、最初は費用を支払わなくてはいけませんが、後からかかった費用が全額給付されます。

休業補償給付

業務中のケガや病気などで働けなくなり、給料がもらえなくなった場合、4日目以降はこの休業補償給付の対象になります。

給付額は、1日あたり給付基礎日額の60%相当が支払われる「休業補償給付」と、20%相当が支払われる「休業特別支給金」があり、合計で日額の80%相当がもらえます。

給付基礎日額とは

直近3ヶ月の給与(ボーナスなど除く)の合計を休日を含む総日数で割った1日あたりの給与の平均額です。

例えば3ヶ月間の給与の合計が90万円で日数が90日の場合、給付基礎日額は1万円となります。

葬祭給付

業務中の事故などで死亡した場合、お葬式の費用などが葬祭を行う人(遺族や会社)に支給されます。

遺族補償年金

労災で亡くなった方と生計を同じくする遺族には遺族補償年金が支払われます。

労災保険を受給するための手続きについて

保険の支払いをするのは国ですので、全国の労働基準監督署で手続きをすることになります。

申請の手続きは業務中にケガなどをした本人がすることになっているのですが、多くの場合は会社の人事の方などが代わりに手続きをするケースが多いようです。

まとめ

業務外でのケガや病気は「健康保険」、業務中のケガや病気は「労災保険」と別れていて、補償される内容や金額も違いますので、何かあった時のために最低限理解しておきましょう!

それではまた!!

スポンサーリンク
FC・大
FC・大

シェアしていただけると励みになります